そもそも家賃とは?

プリント

誰しもがいきなりマイホームを購入できるわけではなく、多くの方は賃貸住宅に住むことになると思われます。その賃貸住宅に入居していれば、持ち主に家賃を毎月払わなければならないというのは皆様もご存知と思われます。
しかし、そもそも家賃とは何なのでしょうか、それがわかって借りている方はあまりいないのではないでしょうか。こちらでは、まず家賃というものについて改めて知っていただくために簡単に説明していきたいと思います。

家賃とは賃貸借契約に基づく賃貸住宅の使用に対する対価として支払うお金のことです。賃貸住宅の使用については、その住宅を借りる人と貸す人の間で契約が結ばれるのです。
その契約に基づき、賃貸住宅を借りる人が賃貸住宅を貸す人に対して、賃貸住宅を使う代わりに支払う対価が家賃です。賃貸住宅に入居する際には、家賃を支払っていくという契約を結んで入居することになるのです。そのため、家賃を支払わなければ、契約違反となってしまうのです。

賃貸住宅に家賃を支払う契約をして入居する際には、家賃とは別に敷金・礼金といったお金を支払うことが多くなっています。敷金とは部屋の保障代として貸主に支払うお金です。
入居者が部屋を汚してしまったり、部屋のものを壊してしまった時に、そのお金で修理したりするのです。部屋に損傷がない場合は、入居者がその部屋を退居する際に貸主から返還されます。礼金とは貸主に対するお礼金として支払うお金です。
多くの場合は、築年数が新しかったり、人気の住宅の場合に貸主にお礼として支払うお金となっています。

賃貸住宅に入居する際には、家賃と敷金・礼金を支払って入居するのだということを、今一度確認しておきましょう!

2015年7月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031